CD紹介


●小野麻美 with 美嶺 A Whiter Shade of Pale 青い影~Shinsyu Jazz Min Live Series (1枚組、税込2,000円)→購入する

 小野麻美さんを最初に聴いたのは2017年初秋の滋賀県近江八幡市<YUGEYA>さんでのライブ、その魅力に惹かれてしまった。 最近のJAZZピアノは男女を問わず「カッキンコッキン型」か「癒し系サラサラ型」が多い中、彼女は「自己耽溺(たんでき)型」の傾向でコレはメロディも大切にするJAZZファンには嬉しい。左手の動きも活発、ナンと言っても音色に混濁感がなくキレイ。「溜め」や「間」の取り方にその思いが見てとれる。

 ある日、京都<le club jazz>での藤井美智さん進行役のセッションに誘って行ったのだが、偶然美嶺さんの初めてのセッション参加の日で、彼女「キャラバン」を超高速バイオリンで一気に弾いてヤンヤの喝采を受けて後、ナゼか私たちの席に来てくれた。邂逅(かいこう)、以来小野さんと意気投合することになる。

 その後若干の紆余曲折を経て2018年9月にDUO録音のため松本入りしてくれたものの収録へのコダワリから曲数が少なく、小野さんのみ11月に再び松本に来て貰って出来上がったのがこのCD、幾つかは私の偏見に満ちたリクエスト、そして彼女のオリジナルで構成させて頂いた。 ソロ録音のときはとても「ノリノリ」、一気に12曲を弾き、1日の予定が2時間で終わってしまった。実は軽い慣らしをと、前日夕刻にスタインウェイの調律にも立ち会ったが、右端2鍵の微妙な動きに問題があり、この修復は止むを得ず先送りされてちょっと無念。

「青い影」はロックの「プロコルハルム」が大当たりを取った名曲。JAZZピアノソロでの演奏は編成で「目玉」にしたかった。続く彼女のオリジナルも不思議な引力で聴いてしまう…全79分強の内容。でもクドく繰り返すようなメロディは無い。美嶺さんとの収録は少なくなってしまったのが少々残念、彼女は未知の可能性に満ちた逸材。

 ところでこの頃、小野さんは入籍した。その喜びが溢れる演奏で『今できる精一杯』だと。彼女、こう言うと叱られるかも…だがどう見ても売り込みが下手ゆえにライブ数は限られ、どこかに純粋過ぎる面があるのでヒトから見れば身勝手とか我儘と誤解され易い。ゆえに知名度はそう高くないが、3歳でピアノを始めた彼女のスタイルはライブ会場でも熱心な女性ファンが多い。

●俵山昌之 QUINTET ~ Shinsyu Jazz Min Live Series(2枚組、税込み2,500円)→購入する

 このCD/Rは2014年10月18日、松本市市民芸術館小ホールで収録しました。
会場はアンプラグド(拡声装置を使わない)で、ご来場の皆様には珍しくナマの楽器の音をお愉しみ頂きました。JAZZでのホール演奏はほとんど無い…そうですから、後の<藤井学カルテット>と併せ貴重な収録となりました。

 リーダー俵山昌之と、この日の松島啓二/tp・納谷嘉彦/p・川嶋哲郎/ts・小山太郎/dのメンバーは、どの楽器に於いても国内有数のアーティストです。

 当日一足早く松本に着いた俵山は、大切な楽器のため日陰になる駐車場を選ぶのに時間を掛け、やっと老舗の蕎麦店に座って一言目に『今日は凄いコトになりますよ!』…と。私は『あ、そうですか』と、意味が判らぬまま頷くのみでした。

 芸術館の予約は13ヶ月前。実はさらにその前に藤井学から<タワーステーション>のライブ開催を要請されて受け、藤井学・福井ともみ・市川ひかり・纐纈歩美の初期メンバーで市内の著名ホテルの会場を100人満員にしています。それが俵山との初対面となり、続いて藤井学のクインテットのライブ主催となります。

 今回は曲目のリクエストを受けてくれるというので、「スタンダード」と云うよりも50~60年代の≪名曲≫をお願いしました。クラシックでは多くの名曲が連綿と演奏されるのに、JAZZでは往年の名曲は<スタンダード>となったもの以外は忘れ去られています。

 彼は何度もこのメンバーで私の希望を反映した曲目のライブを重ねたようです。それが意外に好評でしかもライブ前数日にツァーを組んでドンドン調子を上げ、最後に会場が「電気増幅無し」で松本のホールだったワケです。どの楽器も思いっきりやれて、メンバーの高揚ぶりもハンパではない…『凄いことに』なったのでした。

 CDはファーストステージとセカンドステージの2部2枚組の構成です。どうかお聴きになるときには会場の雰囲気をご想像下さい。<Nighe In Tunisia>での川嶋哲郎は高域では自ら吠えています。小山太郎はハイハットだけをステージ中央に持ってきて絶妙のワザを披露しています。俵山も右手にドラムのスティックを持つ独特の奏法をして喝采を浴びています。

 納谷のピアノが曲によってはやや小さめなのは大変惜しいのですが、ピアノの反射板がベースの音を拾ってピアノ用のマイクに入り、結果として<歪み>になってしまうので、どうしても音量を抑えないと音の良くないCDになってしまうのでした。  

 このCD/Rは2015年に彼らミュージシャンの会場での販売用に製品化しています。今回初めて一般の方々にも聴いて頂こうとジャケのデザインを修正して市販に踏み切りました。ファンの皆さんには既にご購入済かも知れませんのでご注意下さい。

(文中では敬称を略しました)

●藤井学 QUINTET ~ Shinsyu Jazz Min Live Series(2枚組、税込2,500円)→購入する

 この作品は2016年9月10日、松本市音楽文化堂/ザ・ハーモニーホール(小ホール)での収録です。現代では珍しいホールステージでの演奏です。このホールでも会場はアンプラグド(拡声装置を使わない)として「生おと」をお客様にお愉しみ頂くと共に、CD作成のための収録を大切にしました。

 CDはファーストステージとセカンドステージの2部2枚組の構成です。リーダーの藤井学との出会いは<俵山昌之クインテット>で述べています。メンバーは藤井学/d・奥村晶/tp・近藤和彦/sax・椎名豊/p・中林薫平/bのクインテット、当日会場で全員が揃う…というほど多忙なメンバーなのでした。

 演奏はどの曲どのパートをとっても抑制の利いた秀逸なもので、聴かせどころの多いものとなっています。このCDは2016年秋には一旦販売していますが、それは彼らのライブ会場やHPを通じてのもので、一般の皆さんへの販売は今回が初めてです。

 (文中では敬称を略しました)

★発表予告(4月10日・発売予定)

【武井努カルテット】 このライブは2018年12月8日/京都le club jazzと共催・収録しました。信州JAZZ民では松本市で2012/12月と2014年4月の二度、ドラムが異なるもののsax武井努/p牧知恵子/b萬恭隆はのライブを収録、2015年にそれぞれ2枚組CDとしてHPでのみ販売しました。

今回はそれらを『休盤』にして新たに制作することになったもので、ドラムに中村雄二郎⇒⇒16才でドラムを始め、高校卒業後はバークリー・4年卒業後もボストンやニューヨークでの活躍が多く、2016年から大阪を拠点にしています⇒⇒を加えて、とても充実したシーンとなりました。

それぞれの演奏についてはコメントを控えますが、関西でも受けの多いメンバーでありながら販売しているCDは少なく、今回に掛ける意気込みの伝わる内容です。会場の構造もあってドラムが全てのマイクでピークに達することがあり、後の編集には悩みました。

あえてベースアンプを使わなかった萬の音がやや抑え気味に聴こえる部分があるかも知れません。 演奏は全100分を超えましたが、演奏の皆さんの選別で今回は80分ギリギリに収めての発売となりました。その分とても濃い内容となりました。(敬称略)